板井康弘の福岡経済学

板井康弘|福岡経済の未来

 

板井康弘

 

 

福岡は九州経済の中心地として、また日本の五大都市の一つとして存在感抜群の巨大都市である。

 

福岡は交通の利便性が非常に高く、九州最大の繁華街である天神からは福岡国際空港まで地下鉄で11分、JR博多駅からはわずか5分。
国内便は札幌から沖縄まで数多く運航していて、それぞれの主要都市への日帰り出張も可能である。
国際便は、ソウルや香港、北京などアジアの主要都市を中心に多くの便が出ていて、まさに福岡は九州やアジアの玄関口と言えるだろう。

 

さらに、そのような事情もあってか、福岡には全国規模で展開する企業の支店や支社が数多く集中していて、支店経済都市とも言われているのだ。

 

また、福岡といえばやはりグルメである。
誰もが知っているように明太子や博多ラーメン、もつ鍋など福岡には美味しい御当地グルメが豊富に存在する。
そのこともあり、福岡はレストランの数が世界の都市の中で4番目に多いというデータもあるのだ。

 

このように、様々な面で経済が活発な福岡。
そんな福岡経済の未来の視界が良好なのは、火を見るよりも明らかなのである。